2013年05月10日

1759年 9月21日 Combat of Korbitz

【Combat of Korbitz】
 1759年9月21日、Meissen近郊で
 FinckとWunsch率いるPrussia軍と
 HadikとZweibrücken率いるAustro-Imperial軍が戦闘となった。

 午前10時頃、Dresden方面から進んできた帝国のZweibrücken軍が南から
 Prussia軍を攻撃し始める。

 南西から進んできたAustriaのHadik軍はMunzigとMiltitzの近くを通り、
 KrögisとStroischenの間に展開した後、
 昼過ぎからWunsch軍より西に配置されていたFinck率いる
 Prussia軍へ攻撃を始める。

<マップ>

View Combat of Korbitz in a larger map

 さらに、HadikはBrentanoをPrussia軍右翼へ送った。
 Finckは擲弾兵4歩兵大隊などをRebentischに任せ、これに対応。
 Brentanoは撃退された。
 さらに、 RebentischはHadikの砲兵隊の1つを沈黙させた。
 
 HadikはHadik軍中央のLambergに反撃を指示した。
 しかし、激しい戦闘後、Lambergは撃退された。
 Hadikは後退しつつある歩兵を支援する為、
 左翼に配置されていたSchallenbergの騎兵へ
 反撃を指示した。
 Schallenbergの騎兵は展開してきたPrussiaの騎兵を撃退し、
 Prussia歩兵へ注意を向け、攻撃を始めた。
 2回目の攻撃の後、Markgraf Carl(IR19)は
 擲弾兵の支援のもと、撤退した。
 攻撃はその後数回行われ、Prussia側は大砲を数門奪われた。
 しかし、最終的にはPrussia歩兵はAustriaの騎兵を撃退した。
 
 夕方、Austro-Imperial軍は戦場から撤退した。

<両軍の被害>
 ●Prussia軍
  死傷者:約1300
  
 ●Austro-Imperial軍
  死傷者:約1700(捕虜約500を含む)
posted by Frederi at 15:42| Comment(0) | ドイツ南部戦線(1759) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。